相続税に影響する「不動産」

相続した不動産はいくらになるか?

相続税に最も大きな影響を与える財産の一つが不動産

当然、財産である土地、家屋などの不動産も相続税の課税対象になります。
不動産の財産価値が高ければ高いほど、相続税の負担も大きくなるため、不動産の財産価値をどう評価するかで大きな金額負担の差異が発生します。
家屋の評価は固定資産税評価額と同額とされています

土地の評価は税理士が路線価と土地面積から算出します。
土地に接する道路の値段を路線価と呼びます。

その値段を調べて土地の面積を数式に当てはめれば、不動産の大まかな価値を算出できます。

ただし、土地の評価は複雑なので、これだけでは適正な不動産価格は出せません。

現地に行って、高低差や、不動産の形、交通手段や周辺の施設チェックなどの現地調査を経て、それら要素を加味した後に、最終的な「不動産の価値」を算定します。


相続不動産の評価における問題点

意外と知られていないのですが、すべての税理士が、この不動産評価を出来るとは限りません。

なかには、相続税申告に慣れていない税理士もいて、その土地評価が適正ではないことがあるありますのです。
(税理士が10人いれば、相続税評価額は10通りあると言われているくらいです。)

税理士の不手際から、相続人が払わなくてもよい相続税を払わされて、後に訴訟になったり、他の税理士が税務署から払い過ぎた分を取り戻す請求を起こしたりすることが少なくありません。

当事務所では、相続税に詳しい税理士や、相続不動産の評価に長けた不動産鑑定士と連携して、業務に取り組んでおります。

もちろん全てではありませんが、相続税が高いと思ったら、不動産の評価を見直せる可能性もありますので、お一人で悩まずご相談ください。