遺産の分け方を決める

ここから始める「遺産分割協議」

遺産分割の種類

相続が開始すると、被相続人(亡くなった人)の財産は相続人に相続されます。
相続人の調査等で最終的に遺産を相続する相続人が確定します。

その財産は相続人全員の共有財産となるだけであって、それを各相続人の単独所有とするためには、誰がどの財産を相続するのかを協議して決めることになります。
遺産分割はまず、被相続人が生前に遺言で指定する「指定分割」に従います。

遺言がない場合は、相続人全員の協議による「協議分割」により行うことになります。
相続人間で遺産をどのように分割するかは以下の方法があります。
 

■指定分割

被相続人が遺言によって指示した分割方法に従って分割する方法です。

■協議分割

共同相続人全員の協議により行う分割方法です。
全員の参加と同意が必要とされ、一部の相続人を除外したり、無視することはできません。もし、共同相続人のうち一人でも協議に参加していない場合、協議は無効になります。
ただし、決定した分割が共同相続人の意見が全員一致により合意されていれば、最終的な分割の内容に関わらず協議は有効です。

■現物分割

遺産そのものを現物で分ける方法です。
現物分割は、どの財産を誰が相続するかを現物によって決める方法です。ただ、相続財産の価値が異なるため、相続人の間で不公平が生じることがあります。
その際は、その差額分を金銭で支払うなどして代償を付加します。

■換価分割

遺産全部を売却して現金に代えて、売却益を分割するという方法です。
現物分割できない場合などは、この方法が採られます。

■代償分割

遺産の現物を1人(または数人)が取り、他の相続人との間に不公平が生じた部分に関して、その取得者が、他の相続人に対し相続分相当を現金で支払うという方法です。

■共有分割

遺産を相続人が共有で所有する方法です。
共有名義の不動産は、この後の利用や売却などに共有者全員の同意が必要です。
 

遺産分割の話し合いがまとまったら、後々のトラブル防止や手続き上必要とされることを考慮して、必ず遺産分割協議書を作成しておくようにします。
遺産の中に不動産があった場合、所有権移転の登記の際に必要となりますし、預貯金を引き出す場合にも必要となるケースがあります。
遺産分割は、ご相談者のその後の生活にも関わってきますから、そのときの状況をよく考慮した対応が必要です。