対策を始める前の基礎知識

何を準備すればいい?

まさか、相続でもめるなんて・・・

自分の家族が相続でもめることになるとは、誰もが考えたくないものです。しかし、何も対策をとっておかなかったばかりに、思わぬ事でドロ沼の相続問題に発展することは少なくありません。

 

こういった予期せぬ相続問題が発生しないように、予め準備しておく必要があります。

 

相続問題で家族の仲が悪化してしまうのは、非常に残念な事です。しかし、相続人の事情や解釈の仕方が異なれば、トラブルのもとになりかねません。財産が多いから問題になるだけでなく、反対に財産が少ないために問題になるケースもあります。

 

その他にも次のような例が考えられます。

 

  • 被相続人に前妻、養子、認知した子供などがいる。
  • 被相続人が特定の相続人に多額の贈与をしていた。
  • 相続人以外の人が遺産分割協議に口出しする。
  • 相続財産が相続人の予想を超えて多い、または少ない。
  • 相続財産の大半が不動産で、各相続人への分割可能な財産がない。
  • 相続財産全体がつかめない。(財産目録がない場合や不正確な場合)
  • 相続税が予想以上に発生し、手元のお金が不足してしまう。

 

自分で自分の財産を把握出来ていない場合はもちろんのこと、自分の財産を把握していたとしても見落としてしまうようなことが起きてしまうかもしれません。

相続というと「自分には関係ない」「面倒」、そして「まさかうちがもめるなんて・・・」と考えがちで、あえて向き合うことを避けたくなります。相続問題では、相続人の方のみがその原因を作っているわけではなく、予期せぬことでトラブルのもとになり得るのです。

たとえば、自分が認知症になってしまった場合です。これまで明確に理解していたことができなくなると、当然財産の管理能力が失われてしまう可能性も大きくなります。こういった状況になる前に、準備をしておくことが大切なのです。

 

相続争いのデメリット

もし相続争いが起きたら、どういった状況になるか想像してみて下さい。これまでの関係が壊れたり、不愉快な思いをしたりするでしょう。

それだけではありません。そのほかにも次のようなことが考えられます。

 

  • 精神的にも体力的にも消耗する。
  • 貴重な時間を浪費する。
  • 遺産分割後の手続きが遅れる。
  • 余計なお金がかかる。
  • 相続人同士の関係が修復できない。
  • 分割を条件とする相続税法上の特典を受けることができない。

 

結局、相続争いは、精神的にいやな思いをするだけでなく、お金も時間も無駄にしてしまうことになるのです。

 

相続トラブル予防法 ケース別
遺産分割についてのトラブル

→ほとんどの場合、正しく遺言を作成、執行することで防ぐことができますが、 ご自身の意思が全く反映されないケースが起きる可能性もあります。

現在の状況をよく判断した上で、遺言執行、死因贈与契約などを考慮にいれ、生前に対策を取っておきましょう。

 

納税についてのトラブル

→財産を引き継いだ場合、どれくらいの相続税を支払うことになるのでしょうか。

納税対策は遺産の分け方の次に重要で、そのためには、専門家のアドバイスは欠かせません。専門の知識を持った方に適切なアドバイスをもらった方がよいでしょう。

当事務所では、経験豊富な専門家をご紹介しております。安心してお問い合わせ下さい。

 

相続税についての対策

→相続税を支払うことになった場合、誰しも税額が低いほうが良いと考えるのは当然のことです。

一般に、税理士が10人いれば、相続税の計算結果も10通りと言われるくらい、相続財産の評価は難しいのが現状です。

相続税に関する不安が少しでもあるのであれば、生前のできるだけ早い段階で専門家にご相談されるのが望ましいでしょう。

 

認知症になった場合のための対策

→高齢者がさまざまな法律トラブルに巻き込まれるケースが増えています。お年寄りが悪徳商法やオレオレ詐欺などの被害被遭うといったニュースをよく耳にします。

とくに認知症を患っている方は、判断も意思表示もできない事から深刻な被害を受ける恐れがあります。そのようなトラブルを避けるためにも、成年後見制度などを利用して、大切な財産を失わないように、生前対策をしておくと良いでしょう。

また、最近は財産管理委任契約や、ホームロイヤー契約など、認知症になる・ならないに関わらず、財産・契約保全のための手段が取られるようになりました。

 

生前準備の重要性

皆さんは普段、生きている間に自分の死後の事を考えて準備をしていますか。
「死んだときのことなんて考えられない」と思う人は多いかもしれません。

しかし、自分の死後について生前から準備しておくことはとても重要です。

一般的に、相続問題は人が亡くなってから考える問題だと思われがちですが、生前に準備をしておくことで、残された遺族が金銭トラブルに巻き込まれたり、手続き上で余計な苦労をさせたりすることを防ぐことができます。

 

相続に関する準備をしておかなかった場合、

相続発生前には関係が疎遠だった相続人が、相続発生後に急に自らの相続分を主張してくるのはよくある事です。

そうなった場合でも、もし生前に遺言などの準備をしておけば、 相続問題が大きなトラブルになることは避けられるかもしれません。

亡くなった方に借金などが多く放棄したい場合に関しては、相続発生後3ヶ月以内というタイムリミットがあります。
これも同様、生前の準備があるかないかで対応が変わってきます。財産の全容を知っているのは被相続人です。
生前にしっかりと準備をして、相続財産を明確にしておかないと、引き継ぐものも分からなければ、相続手続自体もできなくなってしまいます。

このように相続は遺族だけの問題ではありません。

ご家族が不測の事態に直面することを避けるためにも、
生前にしっかりと準備をしておくことが、スムーズかつ円満な相続につながります。

また、これらの生前準備を行うタイミングは、「もう少ししてから」ではありません。
いつ何時、何があるかもわかりません。

 

相続問題に関心をお持ちで、このホームページをご覧になっているのなら、今できる準備について考えることをおすすめいたします。