遺言書にも「種類」がある

想いを託せる遺言書

1.自筆証書遺言

最も簡単な方法で作れるのが、自筆証書遺言です。

誰に何をあげるのかがきちんと決まっていない場合や、これから変更する可能性が高い場合は、法的に効力のある遺言を書く前の練習として、この自筆証書遺言をおすすめします。

氏名、日付、遺言の全文を自分で書いて、押印すれば形式的にはOKです。自筆証書遺言は、自分ひとりで作成する事ができ、費用もかかりません。 厳重に保管しておけば遺言書の存在が第三者に知られる事もありません。ただし、簡単に作れるという事は、それだけ偽造や変造されたりする事もありますし、遺言の真偽をめぐって、相続人間で争いが起こる場合がありますので、作成される際には、事前に専門家にご相談される事をオススメします。

メリット デメリット
  • 費用がかからない
  • 手間がかからない
  • 遺言書の存在を秘密にできる
  • 証人が不要
  • 遺言無効になる可能性がある
  • 紛失の恐れがある
  • 変造・偽造の恐れがある
  • 検認手続の手間がかかる
  • >>自筆証書遺言の詳しい情報はこちら

    2.公正証書遺言

    公証役場にて、遺言者が証人2名の立会のもとで遺言の趣旨を公証人に伝え、この内容を公証人が筆記し、この筆記した内容を遺言者と証人に確認して作成される遺言です。最も信頼性が高い遺言と言えます。

    この公正証書遺言は、公証役場にて保管されますので、偽造や変造、紛失といった心配がありませんし、法律の専門家である公証人が作成に関与してくれるので、遺言の効力が問題になる事は少ないでしょう。 「争族対策」を講じるうえでは、あらゆる点で優れており、最もオススメできる遺言書です。

    メリット デメリット
  • 遺言無効になりにくい
  • 紛失の心配が無い
  • 変造・偽造ができない
  • 検認手続が不要
  • 手間がかかる
  • 費用がかかる
  • 証人が必要
  • >>公正証書遺言の詳しい情報はこちら

    3.秘密証書遺言

    秘密証書遺言はあまり利用されていない制度です。 簡単に言うと、自筆証書遺言と公正証書遺言の中間にあたる遺言書になります。 公証人1名、証人2名が関与しますが、遺言の存在のみ確認し、内容を秘密にできる遺言の方式です。 但し、内容について専門家や公証人が関与しないため無効な遺言書になってしまう可能性があります。 作成される際には、ご自身で内容について法律的な要件を欠いていないかを十分に調査する必要があります。
    ※秘密証書遺言は、当事務所で作成サポートのご依頼を承ることができませんのでご了承ください。

    メリット デメリット
  • 内容を秘密にできる
  • 遺言無効になる可能性がある
  • 紛失の恐れがある
  • 変造・偽造の恐れがある
  • 検認手続の手間と費用がかかる
  • 証人が必要
  • >>秘密証書遺言の詳しい情報はこちら

      自筆証書遺言 公正証書遺言 秘密証書遺言
    自署 必要
    (全文、日付、氏名)
    不要
    (証書に署名)
    不要
    (証書に署名)
    公証人 不要 必要 必要
    証人 不要 2名 2名
    検認 必要 不要 不要

    内容が決まっていない場合は、まず自筆証書遺言を作り、それから法的に効力のある公正証書遺言を作ることをおすすめします。